東ドイツカラーの社会主義

東ドイツカラーの社会主義(ひがしドイツカラーのしゃかいしゅぎ、ドイツ語: Sozialismus in den Farben der DDR)はドイツ民主共和国第3代国家評議会議長社会主義統一党書記長エーリッヒ・ホーネッカーにより1988年に考案された思想である。

概要編集

ミハイル・ゴルバチョフペレストロイカグラスノスチの影響により考案された。既にポーランドハンガリーでは改革が始まっており、ソビエト連邦でもゴルバチョフが改革を進めていたが分断国家である東ドイツでは、社会主義のみが国家のアイデンティティーであり、政治の民主化や経済の自由化は東ドイツと西ドイツとの差異を無くし、さらには東ドイツという国家の存在意義の消滅を意味するため、ゴルバチョフのモデルには従えなかった。1988年、ホーネッカー政権はソ連のメディアにさえ検閲をかけ、ソ連の雑誌『スプートニクロシア語版』を発禁処分とした。しかし、これは東ドイツの知識人の不満を一気に高めることになり、かえって状況を悪化させた[1]

翌1989年にハンガリーがオーストリアとの国境にある鉄条網を撤去すると、多くの東ドイツ市民がハンガリーやチェコスロバキアへ夏の休暇を利用して逃亡し、8月19日にはハンガリー政府が非公式に東ドイツ市民をオーストリアへ出国させた(汎ヨーロッパ・ピクニック)。相次ぐ国外逃亡にホーネッカーは有効な手立てを講じることが出来ず、さらに10月7日の東ドイツ建国40周年記念式典に参加したゴルバチョフは改革を行おうとしないホーネッカーに対して不満を露わにした[2]。これを機に社会主義統一党の党内からもホーネッカー降ろしの声が強まり、10月18日にホーネッカーは失脚。翌月にはベルリンの壁が崩壊し、翌年には東ドイツも西ドイツに吸収されて消滅した。

この思想は、フランス共産党に影響を与えたとされる。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 南塚信吾、宮島直機『’89・東欧改革―何がどう変わったか』 (講談社現代新書 1990年)P106
  2. ^ 三浦元博・山崎博康『東欧革命-権力の内側で何が起きたか-』(岩波新書 1992年 ISBN 4004302560)P9

参考文献編集

Stefan Wolle: Die heile Welt der Diktatur. Alltag und Herrschaft in der DDR 1971–1989. München 1999, ISBN 3-612-26650-0