メインメニューを開く

東司(とうす)とは、寺院における便所のことである。東司の語を使うのは曹洞宗で、臨済宗では雪隠という。寺院を構成する七つの施設である、七堂伽藍の一つ。

不浄を清める烏枢沙摩明王が祀られる。日常すべて修行とする禅においては、便所すら心身練磨の道場であり、禅堂浴室とともに、静謐を旨とし、私語を交わしたり、高声を発してはならない「三黙道場」の一つである。使用にあたっては入り方・衣のさばき方・しゃがみ方などの作法や、唱える偈文などが細かく規定されている。

「東司」とはもともと便所の守護神のことを指し、「西浄」とともに「東浄」と称されていた。古くは、寺の役職によって「西浄」・「東浄」は使い分けられていたようであるが、その後「東司」と呼ばれるようになったようである。

「東司」として現存する遺構は少ない。現存かつ実際に使用されているものの一つに東福寺の東司があり、室町時代唯一、日本最大最古の禅宗式の東司である。また永平寺にある東司[1]は七間の広さがあることから「七間東司」と通称される。

脚注編集

  1. ^ 新永平寺事典。

参考文献編集

小倉玄照、大本山永平寺、南澤道人、梄崎通元(編著)『新永平寺事典』四季社、2002。