東都大学準硬式野球連盟

東都大学準硬式野球連盟(とうとだいがくじゅんこうしきやきゅうれんめい、英語表記はTOHTO UNIVERSITY JUNKO BASEBALL LEAGUE)とは、関東を所在地とした35校の大学準硬式野球部で構成された6部制の大学野球リーグである。

東都大学準硬式野球連盟
競技 大学野球
会長 浅田實
開始年 1947年
参加チーム 35
日本の旗 日本
前回優勝 中央大学(61回目)
最多優勝 中央大学(61回)
公式サイト 東都大学準硬式野球連盟

2015年の時点で加盟校数35校、選手登録数1300名を数える日本一の規模であり、全日本大学準硬式野球選手権大会で19回、全日本大学選抜準硬式野球大会で19回の優勝を誇る強豪校の揃うリーグでもある。

目次

沿革編集

1948年秋、中央大学、専修大学、東京農業大学、立正大学、國學院大學によってリーグ戦が行われ、同5大学の協力で連盟が発足。

1949年春、中実の軟式B号球(現在の軟式H号、通称準硬式球)の使用を開始。

2000年、東都大学軟式野球連盟から現在の東都大学準硬式野球連盟へと名称変更。

試合会場編集

1部リーグは基本的に八王子市民球場上柚木公園野球場を使用して行われる。

2部リーグは新座市総合運動公園野球場朝霞中央公園野球場八王子市民球場など首都圏の公営球場を使用する。

3部リーグは青葉の森野球場春日部市牛島野球場東松山野球場などの公営球場に加え、所属大学のグラウンドも使用する。

4部リーグ以下は基本的に所属大学のグラウンドで開催する。

運営方法編集

構成編集

加盟校数の関係から前シーズンの成績を基にした各部6校構成を基本に1部から6部まで分けたブロック運営を行っている。連盟規約では1部〜5部を6校、6部を2〜6校とする旨が記載されているが、加盟校が31・32校となった際に6部を設置せず5部を7・8校としたこともある。

なお、2部リーグ以下の試合記録は表彰選手も含めてあくまで参考記録扱いであり、リーグ記録としては扱われない。

対戦方法編集

各部共に春季と秋季にそれぞれリーグ戦を実施。1,2部は2戦先勝方式の総当たりによる勝ち点制、3部は2戦総当たり、4部以下は1戦総当たりを基本とする。

なお、2部以下の対戦方法については当該校同士の話し合いにより変更することが可能とされている。

比較的頻繁に行われている変更例としては、4部リーグ戦が春季のみ2戦総当たりとするのが慣例化していること、6部リーグ戦参加校が少数だった場合に2戦総当たりにする場合があることが挙げられる。そのほか、加盟校が32校となった平成26年春季は6部を設置せずに5部を8校と規約よりも多いチーム数としたため、4校ずつのグループで1戦総当たりの予選リーグを開催し、両グループの上位2校で1戦総当たりの決勝リーグを行うという特殊な形態を取った(同年秋季より3校が新たに加盟し、6部が復活したため、この形態は1シーズン限りとなった)。

また各シーズン終了後に各部の間で入れ替え戦を実施する。

2戦先勝方式
同一の対戦校に対して先に2勝したチームがその相手校との対戦に勝利したとして対戦を終了する。(1勝1敗の場合は第3戦を行い決着を付ける。)
コールドゲーム
  • 7回以降10点差以上でコールドゲームが成立する。
  • 天候不良他自然災害などを理由として試合が出来なくなった場合は7回を終えたところでコールドを認める。

順位決定方法編集

リーグ戦の順位は勝ち点(1,2部のみ)、勝率の順に決定する。勝率に引き分けは算入しない。 勝ち点も勝率も同じ場合は、優劣の決定が必要な場合に限り決定戦(プレイオフ:下記参照)を行なう。 それ以外の場合は得失点差によって決定する。 決定戦での記録・成績はリーグ戦のチーム・個人の成績には含まれない。

プレイオフ編集

優勝決定は同点同率の場合、下記のように優勝を決定する。

二校 先に一勝

三校 一試合総当たり(同率の場合は、二試合の得失点差で決定する)

四校 抽選によるトーナメント

2位以下5位までについては、上部大会への出場権に関わる場合のみ、一試合のプレイオフを行い、順位を決定する。

最下位決定はプレイオフ一試合を行う。三校以上の場合は、抽選によるトーナメント方式とする。

入れ替え戦編集

各部のリーグ戦の終了後に上位リーグの最下位校と下位リーグの優勝校との間で対戦を組み、勝者チームを次シーズンの上位リーグの所属とする。(敗者チームは次シーズンは下位リーグ所属となる。) 対戦方法は2戦先勝方式を基本とするが、当該校同士の話し合いにより1試合制としてもよい。また、入れ替え戦の試合記録・成績は決定戦と同様に個人やチームのリーグ公式戦記録・成績には含まれない。

1,2部入れ替え戦は1部リーグ戦同様、八王子市民球場か上柚木公園野球場を使用することが多いが、それ以外の各部については特に定まった使用球場はなく、首都圏の公営球場や各大学のグラウンドを使用して行われる。

その他編集

開会式・閉会式編集

開会式は1部リーグ戦の開幕日の第一試合前に、閉会式はリーグ戦日程とは別に全加盟校の参加で執り行われる。会場は1部リーグ戦同様、主に八王子市民球場や上柚木公園野球場である。閉会式は各部の表彰式も兼ねる。

選手の表彰編集

各部(1部〜6部)の優勝校、最優秀選手最優秀投手首位打者と、1部のベストナインがそれぞれ選ばれる。また、ノーヒットノーランやサイクル安打など、目立った記録を残した選手には特別表彰が行われることもある。

審判員編集

アマチュア野球の精神と、自主運営の観点から、学生による審判員が推奨されている。ただし、1部リーグ戦を中心に主審のみ学生ではない公式審判員を採用する場合もある。 一日二試合の場合、第一試合の両校は第二試合の審判、第二試合の両校は第一試合の審判を行う。 一日三試合の場合、第一試合の両校は第二試合の審判、第二試合の両校は第三試合の審判、第三試合の両校は第一試合の審判を行う。

公式記録員編集

各リーグ所属校の当該試合出場校以外の登録された部員が務める。

場内アナウンス編集

各リーグ所属校の当該試合出場校以外の登録された部員が務める。

入場料編集

全ての試合で入場料は無料となっている。

選抜チーム編集

国内外での準硬式野球発展のための活動に積極的であり、毎年アメリカ領グアムやインドネシアでの国際交流試合や北信越地区や北海道地区などとの親善大会に選抜チームを派遣している。国際交流試合では1・2部から(過去にはグアムに1部の東都A、2部以下の東都Bという2チームを派遣していた時期もある)、国内の親善試合では3部以下から選抜されることが多い。

歴代成績編集

1部リーグ戦歴代順位編集

シーズン 1位 2位 3位 4位 5位 6位
昭和23年 中大 東農大 立正大 専大 國學大
昭和24年 中大 立正大 東農大 専大 國學大
中大 専大 東農大 立正大 國學大
昭和25年 中大 東農大 専大 立正大 國學大
専大 中大 東農大 日大 立正大 國學大
昭和26年 中大 専大 日大 東農大 一橋大
中大 日大 専大 東農大 一橋大
昭和27年 中大 日大 専大 東農大 学習大 一橋大
中大 日大 専大 学習大 東農大 一橋大
昭和28年 中大 日大 学習大 専大 東農大 一橋大
中大 日大 学習大 専大 一橋大 東農大
昭和29年 中大 学習大 専大 日大 一橋大 東農大
中大 専大 学習大 日大 一橋大 東農大
昭和30年 専大 中大 学習大 日大 東薬大 一橋大
中大 専大 日大 学習大 一橋大 東薬大
昭和31年 日大 中大 専大 学習大 一橋大 東薬大
中大 一橋大 専大 國學大 日大 学習大
昭和32年 中大 國學大 日大 専大 学習大 一橋大
國學大 中大 日大 成城大 学習大 専大
昭和33年 学習大 中大 國學大 日大 成城大 専大
國學大 中大 日大 専大 学習大 成城大
昭和34年 中大 國學大 成城大 日大 学習大 専大
日大 成城大 國學大 中大 学習大 専大
昭和35年 中大 日大 学習大 國學大 成城大 専大
日大 成城大 中大 國學大 学習大 専大
昭和36年 國學大 成城大 日大 中大 学習大 専大
日大 中大 國學大 成城大 青学大 学習大
昭和37年 中大 日大 成城大 國學大 青学大 学習大
成城大 東農大 青学大 中大 日大 國學大
昭和38年 日大 東農大 中大 専大 青学大 成城大
中大 専大 成城大 日大 東農大 青学大
昭和39年 東農大 中大 専大 成城大 日大 青学大
中大 東農大 日大 専大 青学大 成城大
昭和40年 日大 専大 中大 青学大 東農大 学習大
中大 東農大 専大 青学大 亜大
昭和41年 中大 青学大 専大 國學大 亜大 東農大
中大 青学大 専大 日大 國學大 亜大
昭和42年 青学大 専大 日大 中大 駒大 國學大
青学大 日大 中大 駒大 専大 國學大
昭和43年 日大 専大 青学大 國學大 中大 駒大
専大 國學大 日大 青学大 駒大 中大
昭和44年 中大 青学大 専大 日大 國學大 駒大
青学大 日大 中大 専大 亜大 國學大
昭和45年 中大 日大 青学大 専大 亜大 國學大
日大 中大 専大 青学大 國學大 亜大
昭和46年 中大 青学大 亜大 専大 日大 國學大
中大 専大 青学大 日大 亜大 東海大
昭和47年 専大 東海大 青学大 中大 日大 亜大
東海大 専大 中大 日大 青学大 亜大
昭和48年 日大 青学大 専大 中大 東海大 亜大
専大 東海大 中大 日大 亜大 青学大
昭和49年 日大 東海大 専大 中大 青学大 亜大
日大 専大 東海大 中大 亜大 青学大
昭和50年 日大 青学大 専大 東海大 中大 亜大
青学大 日大 東海大 専大 中大 亜大
昭和51年 青学大 日大 中大 専大 東海大 国士大
日大 専大 中大 青学大 東海大 国士大
昭和52年 中大 日大 専大 青学大 国士大 東海大
国士大 中大 青学大 東海大 日大 専大
昭和53年 中大 青学大 専大 日大 東海大
専大 青学大 中大 日大 東海大 亜大
昭和54年 専大 中大 青学大 日大 東海大 駒大
専大 青学大 日大 中大 東海大 亜大
昭和55年 専大 中大 東海大 日大 青学大 亜大
専大 中大 日大 青学大 亜大 東海大
昭和56年 日大 中大 亜大 青学大 専大 東海大
日大 中大 専大 東海大 亜大 青学大
昭和57年 中大 東海大 日大 専大 青学大 亜大
中大 日大 専大 青学大 東海大 亜大
昭和58年 専大 中大 青学大 東洋大 日大 東海大
日大 東洋大 専大 中大 東海大 青学大
昭和59年 中大 専大 日大 東洋大 東海大 青学大
中大 専大 東海大 日大 青学大 東洋大
昭和60年 日大 中大 東海大 専大 青学大 亜大
専大 中大 東海大 青学大 亜大 日大
昭和61年 東海大 専大 中大 日大 亜大 青学大
専大 東海大 亜大 日大 中大 青学大
昭和62年 専大 日大 東洋大 東海大 亜大 中大
日大 中大 専大 東海大 東洋大 亜大
昭和63年 東海大 中大 専大 日大 亜大 東洋大
東海大 中大 専大 日大 帝京大 亜大
平成元年 東海大 中大 亜大 専大 日大 帝京大
東海大 中大 専大 日大 亜大 帝京大
平成2年 中大 東海大 専大 日大 亜大 青学大
中大 東海大 専大 日大 亜大 国士大
平成3年 中大 日大 専大 東海大 東洋大 亜大
中大 日大 東洋大 帝京大 東海大 専大
平成4年 東洋大 中大 東海大 帝京大 日大 國學大
中大 東洋大 東海大 専大 日大 帝京大
平成5年 中大 日大 東洋大 東海大 専大 亜大
日大 東海大 中大 東洋大 亜大 専大
平成6年 中大 日大 東海大 東洋大 専大 亜大
中大 専大 東海大 日大 青学大 東洋大
平成7年 日大 中大 東海大 亜大 専大 青学大
日大 中大 専大 亜大 東海大 青学大
平成8年 日大 中大 専大 東海大 亜大 立正大
日大 中大 専大 東海大 亜大 東農大
平成9年 日大 中大 専大 東海大 筑波大 亜大
日大 中大 専大 国士大 東海大 筑波大
平成10年 日大 中大 専大 東海大 国士大 青学大
中大 専大 日大 東海大 国士大 國學大
平成11年 中大 日大 東海大 専大 国士大 國學大
中大 日大 東海大 専大 青学大 国士大
平成12年 亜大 中大 東海大 日大 専大 青学大
専大 中大 日大 東海大 亜大 国士大
平成13年 専大 中大 日大 国士大 東海大 亜大
中大 専大 日大 国士大 東海大 亜大
平成14年 専大 日大 中大 東海大 国士大 亜大
中大 東海大 日大 国士大 専大 亜大
平成15年 日大 中大 国士大 専大 東海大 亜大
東海大 日大 中大 専大 国士大 國學大
平成16年 東海大 日大 中大 専大 国士大 筑波大
日大 東海大 国士大 中大 専大 東洋大
平成17年 日大 東海大 専大 中大 国士大 駒大
専大 日大 中大 東海大 駒大 国士大
平成18年 日大 中大 専大 国士大 東海大 駒大
中大 日大 専大 青学大 国士大 東海大
平成19年 日大 東海大 専大 中大 国士大 青学大
日大 中大 専大 国士大 東海大 駒大
平成20年 専大 中大 日大 東海大 国士大 駒大
中大 日大 駒大 専大 国士大 東海大
平成21年 中大 日大 専大 東海大 国士大 駒大
専大 中大 東海大 日大 国士大 東洋大
平成22年 中大 日大 国士大 亜大 専大 東海大
中大 専大 国士大 東海大 日大 亜大
平成23年 中大 日大 専大 国士大 東海大 亜大
中大 国士大 日大 専大 東海大 亜大
平成24年 中大 日大 国士大 東海大 専大 國學大
中大 専大 日大 国士大 國學大
平成25年 中大 国士大 日大 専大 國學大 駒大
中大 日大 東海大 國學大 国士大 専大
平成26年 中大 国士大 日大 東海大 専大 國學大
日大 中大 専大 国士大 東海大 國學大
平成27年 中大 日大 国士大 東海大 専大 國學大
中大 日大 専大 国士大 帝京大 東海大
平成28年 国士大 日大 中大 専大 東海大 帝京大
中大 国士大 日大 東海大 東洋大 専大

平成21年度以降の入れ替え戦成績編集

シーズン 1部・2部入れ替え戦 2部・3部入れ替え戦 3部・4部入れ替え戦 4部・5部入れ替え戦 5部・6部入れ替え戦
1部最下位 2部優勝 2部最下位 3部優勝 3部最下位 4部優勝 4部最下位 5部優勝 5部最下位 6部優勝
平成21年春 駒大● 東洋大○ 城西大● 日体大○ 千葉大● 國學大○ 一橋大○ 東工大● 理科大○ 電通大●
平成21年秋 東洋大● 亜大○ 駒大● 國學大○ 成蹊大● 立正大○ 学習大○ 日獣大● 東工大○ 首都大●
平成22年春 東海大○ 國學大● 東農大● 駒大○ 法大Ⅱ● 成蹊大○ 学習大○ 東薬大● 東工大○ 首都大●
平成22年秋 亜大○ 國學大● 日体大○ 獨協大● 立正大○ 法大Ⅱ● 明薬大● 上智大○ 日獣大● 首都大○
平成23年春 亜大○ 東洋大● 日体大○ 筑波大● 東農大● 法大Ⅱ○ 農工大○ 理科大● 東工大● 電通大○
平成23年秋 亜大● 國學大○ 帝京大● 獨協大○ 成蹊大● 千葉大○ 農工大○ 健科大○ 東薬大● 日獣大○
平成24年春 國學大○ 亜大● 駒大○ 城西大● 立正大● 一橋大○ 東農大● 明薬大○ 日獣大● 東工大○
平成24年秋 ※1 日体大● 筑波大○ 一橋大○ 農工大● 成蹊大● 首都大○
平成25年春 駒大● 東海大○ 獨協大● 帝京大○ 一橋大● 上智大○ 首都大● 東農大○
平成25年秋 専大○ 帝京大● 亜大○ 法大Ⅱ● 城西大○ 農工大● 一橋大● 理科大○
平成26年春 國學大○ 駒大● 青学大○ 獨協大● 上智大● 首都大○ 立正大○ 東薬大●
平成26年秋 國學大○ 亜大● 駒大○ 法大Ⅱ● 首都大● 理科大○ 学習大● 東農大○ 電通大● 一橋大○
平成27年春 國學大● 帝京大○ 筑波大○ 日体大● 千葉大● 上智大○ 農工大● 成蹊大○ 健科大● 一橋大○
平成27年秋 東海大○ 青学大● 駒大● 法大Ⅱ○ 理科大● 千葉大○ 首都大○ 一橋大● 学習大○ 千商大●
平成28年春 帝京大● 東洋大○ 國學大○ 上智大● 城西大○ 東農大● 理科大● 一橋大○ 東薬大● 千経大○
平成28年秋 ※2 帝京大● 日体大○ 上智大○ 東農大● 立正大 千経大 東工大 健科大

※1 平成24年秋は1部所属の東海大学が出場停止処分となったため、2部優勝の駒澤大学が自動昇格した(東海大は翌春、2部最下位扱いで復帰)。
※2 平成28年秋は2部優勝校の法政大学Ⅱ部が第二体育会所属で一部昇格の権利がないため、1部最下位の専大が自動残留した。

加盟大学(2016年秋季リーグ戦)編集

外部リンク編集