松井正光(まつい まさみつ、1938年 - )は、富山県出身の伝統工芸の金工作家。国宝の修復を多数手がける。東京都内で金属装飾品加工の「株式会社松美銀器[1]」を経営。本名は松井正雄。

経歴編集

  • 昭和29年 上京し松井恒次郎に師事
  • 昭和39年 独立、伝統工芸の技法を伝授研さんに努める
  • 昭和59年 重要文化財 三鱗兵庫鎖太刀(北条太刀)金銀復刻
  • 昭和60年 国宝装飾経 平家納経「妙法蓮華経序品」装飾金具他原寸原型完全復元
  • 昭和61年 国宝装飾経 平家納経「観音品」装飾金具他原寸原型完全復元
  • 昭和62年 国宝装飾経 平家納経「巌王品」装飾金具他原寸原型完全復元
国宝装飾経 平家納経「般若心経」装飾金具他原寸原型完全復元
  • 昭和63年 国宝装飾経 平家納経「寿量品」装飾金具他原寸原型完全復元
国宝装飾経 平家納経「阿弥陀経」装飾金具他原寸原型完全復元

脚注編集