メインメニューを開く

松岡 義和(まつおか よしかず、1938年 – )は、日本劇作家画家教育者市立名寄短期大学学長北海道常呂郡訓子府町出身。

履歴編集

1956年北海道北見柏陽高等学校卒業。1960年日本大学芸術学部卒業。同年、小清水町立中学校美術教諭。その後、紋別市立潮見中学校美術教諭、北見市立富里中学校美術教諭などを経て、1994年市立名寄短期大学生活科学科教授。1996年市立名寄短期大学学生部長。2002年市立名寄短期大学学長に就任。2006年市立名寄短期大学退官。同名誉教授[1]。現在、大空町図書館長。芸術教育の会会長。北海道手作り絵本の会会長。

受賞歴編集

  • 日本児童演劇協会地域児童文化功労賞(1987年)
  • 北海道民間教育団体連絡会石附賞(1989年)

著書編集

  • 『教師から母親に』芸術教育研究所編 鳩の森書房 1976
  • 『宮沢賢治北紀行』北海道新聞社 1996
  • 『乳幼児の絵画指導 : スペシャリストになるための理論と方法』芸術教育研究所監修 黎明書房 2007
  • 『鬼学 : Oni-ology』今人舎 2008
  • 『日本の神さま絵図鑑』松尾恒一監修 ミネルヴァ書房 2012

脚注編集

  1. ^ 以上につき、「市立名寄短期大学紀要 34号」を参照
先代:
七戸長生
市立名寄短期大学学長
第10代: 2002年 ‐ 2006年
次代:
久保田宏