松平 元心(まつだいら もとむね)は、戦国時代武将五井松平家2代。長勝(ながかつ)とも[1]。弟に深溝松平家の祖となった忠定がいる。

 
松平元心
時代 戦国時代
生誕 文明13年(1481年
死没 永禄5年7月26日1562年8月25日
別名 長勝[1]、弥九郎[1]、太郎左衛門[1]
戒名 源心[1](元心?[1]
墓所 愛知県蒲郡市五井の長泉寺[1]
主君 松平長親
氏族 五井松平家
父母 父:松平忠景
兄弟 元心忠定
信長[1]
テンプレートを表示

生涯編集

寛政重修諸家譜』(以後、『寛政譜』)によれば、五井松平家初代・松平忠景の子[1]

『寛政譜』によれば松平長親の命により、額田郡深溝城主・大場二郎左衛門(大場景紀)を攻め滅ぼした[1]。長親は深溝城を元心に与えようとしたが[1]、その弟の忠定には所領がなかったため、忠定が二郎左衛門を討ち取ったと長親に上申し、深溝城を忠定に譲った[1]。忠定は深溝松平家の祖となった。

永禄5年(1562年)7月26日、82歳で死去[1]。葬地は愛知県蒲郡市五井の長泉寺[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『寛政重修諸家譜』巻二十七、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.140

参考文献編集