メインメニューを開く

松本 一夫(まつもと かずお、1959年 - )は、日本の日本史学者。

栃木県生まれ。慶應義塾大学文学部卒。2001年「南北朝・室町前期における東国守護の研究」で慶大博士(史学)。栃木県立宇都宮工業高等学校教諭など[1]、栃木県公立学校教員を経て栃木県立文書館副主幹[2]、館長補佐[3]栃木県立宇都宮商業高等学校定時制教頭、栃木県芳賀青年の家所長[4]。中世から戦国期の下野国の歴史を研究している。

著書編集

  • 『東国守護の歴史的特質』岩田書院 中世史研究叢書 2001
  • 『日本史へのいざない 考えながら学ぼう』岩田書院 2006
  • 『地域の中世 8下野中世史の世界』岩田書院 2010
  • 『日本史へのいざない 考えながら学ぼう 2』岩田書院 2011
  • 『栃木ゆかりの歴史群像 日本史上の人物と地域との関わり』随想舎 2013
  • 小山氏の盛衰 下野名門武士団の一族史』戎光祥出版 中世武士選書 2015

共編・編著編集

  • 『中世下野の権力と社会』荒川善夫,佐藤博信共編 岩田書院 中世東国論 2009
  • 『下野小山氏』編著 戎光祥出版 シリーズ・中世関東武士の研究 2012

論文編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『東国守護の歴史的特質』著者紹介
  2. ^ 『日本史へのいざない 考えながら学ぼう』著者紹介
  3. ^ 『下野中世史の世界』著者紹介
  4. ^ 『小山氏の盛衰』著者紹介