メインメニューを開く

松田 清(まつだ きよし 1947年 - )は、日本の文化環境学者京都大学名誉教授、2012年4月より京都外国語大学教授[1][2]。主な研究分野は日本洋学史、日欧知識交流史、書誌学江戸のモノづくり。洋学・洋書書誌学の研究で有名。洋学の書誌的研究での研究業績に対して、第18回新村出賞受賞[3]、第9回 高知出版学術賞受賞[4]

2007年3月 京都大学 人間・環境学博士「洋学の書誌的研究」 [5]

2010年9月4日には、京都府立植物園で開かれた小野蘭山没後二百年記念国際セミナー講師を務めた[6]

2011年に設立された分野横断的な新しい学会、近世京都学会の初代代表幹事を務めている[7]

略歴編集

1966年東海高等学校卒。1970年名古屋大学文学部文学科卒業。1974年名古屋大学大学院文学研究科修士課程中途退学。

京都大学人文科学研究所西洋部助手、京都大学総合人間学部助教授、京都大学総合人間学部教授を経て2003年から2012年3月31日まで同職。2012年4月1日より京都外国語大学教授。京都大学名誉教授。

出典編集

  1. ^ プロフィール”. 松田清研究室. 2014年12月23日閲覧。
  2. ^ 研究者詳細 | 松田 清” (2014年12月22日). 2014年12月23日閲覧。
  3. ^ 文部科学省研究振興局学術機関課 新村出記念財団 Archived 2014年12月23日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 高知市文化振興事業団
  5. ^ 博士論文書誌データベースによる
  6. ^ 小野蘭山没後二百年記念行事 ~京都会場~”. セクレタリー・オフィス・サービス (2010年). 2013年1月27日閲覧。
  7. ^ 初代代表幹事のご挨拶”. 近世京都学会 (2011年7月10日). 2013年1月27日閲覧。

外部リンク編集