松谿(しょうけい、生没年不詳)は、室町時代中期の画僧画家[1][2]

経歴・人物編集

永享頃の人物[1]末期から初期の僧牧谿の画風を学び、水墨観音像を能くした[1]宅磨派の画僧宅磨俊賀の子孫との説もある[1]。代表作に「湖山小景図」、「山水図」[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『松谿』 - コトバンク
  2. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『松谿』 - コトバンク