メインメニューを開く

林 勝久(はやし かつひさ)は、江戸時代前期の武将土佐藩家老。通称山内右近

 
林勝久
時代 江戸時代前期
生誕 天正9年(1581年
死没 慶安5年4月16日1652年5月23日
別名 山内右近
主君 山内一豊忠義
土佐藩
氏族 越智伊予河野氏支流尾張林氏
父母 父:林一吉
勝政

生涯編集

天正9年(1581年)、林伝左衛門勝吉(山内一吉)の子として誕生した。

父・勝吉と共に播磨姫路山内一豊に召抱えられる。父は主君・一豊の土佐入国に伴い「山内」姓と高岡郡窪川土居(現在の四万十町)を与えられた。慶長9年(1604年)、父の死去に伴い、領地5000石と家老職を相続した。慶長19年(1614年)の大坂の陣に際しては、土佐藩2代藩主・山内忠義に従い出陣し、武功をあげた。

慶安5年(1652年)4月16日死去。享年72。

系譜編集

  • 高祖父:林通村(佐渡守)
  • 曾祖父:林通安(八郎左衛門)
    • 祖父:林秀貞(佐渡守)
      • 父:林一吉(山内伊賀守)
        • 本人:林勝久(山内右近)
          • 子:林勝政(山内丹波)
          • 孫:林勝定(山内伝左衛門)
先代:
林一吉
窪川林(山内)家2代当主
1604年 - 1652年
次代:
林勝政