メインメニューを開く

柏原 語六(かしわばら ごろく、1897年9月20日 - 1981年6月5日)は、日本の弁護士最高裁判所判事岡山県出身。

概要編集

1920年(大正9年)中央大学法学部を卒業[1]1921年(大正10年)に弁護士登録[1]

1961年(昭和36年)4月に柏原が所属する会派から順送りで推されて、無競争のまま東京弁護士会会長に選出されて就任[1]。会長に選ばれた時に「抱負は別にないが、弁護士の職域を広げること。正義の実現を旨とする弁護士のあり方は、もっと世間に受け入れられていいと思う」と述べる[1]

1963年(昭和38年)12月に最高裁判所判事に就任[1]1958年(昭和33年)と1962年(昭和37年)にも日弁連から最高裁入りを推され固辞したこともあり、三度目に了承したことになる[2]。就任の際には「何事も筋を通すことが大切。事件に対しては常に公平無私の態度で望み、法の目的である正義を実現したい」と述べる[2]

1967年(昭和42年)9月に定年退官[2]

1981年(昭和56年)6月5日、東京新宿区国立医療センターで83歳で死去した[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)119頁
  2. ^ a b c d 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)120頁