柳下亭 種員(りゅうかてい たねかず、文化4年(1807年) - 安政5年8月21日1858年9月27日))とは江戸時代戯作者

略歴編集

江戸の生まれ。板倉氏。通称は坂本屋金七。麓園とも号した。酒屋本屋小物屋などの職を転々とした後、柳亭種彦の門人となって長編の合巻を執筆している。

作品編集

参考文献編集

  • 朝日新聞社編 『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社、1994年
  • 加藤周一編 『改訂新版世界大百科事典』 平凡社、2007年