柳澤大輔

柳澤 大輔(やなさわ だいすけ、1974年2月19日 - )は実業家株式会社カヤック代表取締役CEO

やなさわ だいすけ
柳澤 大輔
生誕 (1974-02-19) 1974年2月19日(44歳)
香港
出身校 慶應義塾大学環境情報学部
職業 実業家
活動拠点 鎌倉
肩書き 株式会社カヤック 代表取締役CEO

目次

経歴編集

プロフィール編集

帰国子女で小学校3年生のときに日本に戻ったが、実は日本以前の記憶がほとんどない。慶應義塾高等学校に進学し、日本で1つしかないという体育会自動車部に所属。趣味の麻雀を通して、現カヤックの共同経営責任者である貝畑政徳と出会う。

その後、慶應義塾大学環境情報学部に進学し、ニューラルコンピューティングを専攻。現カヤックの共同経営責任者である久場智喜と出会う。高校から大学まで7年間、一度も休むことなく塾の講師のバイトを続けた[1]

大学卒業後、新卒でソニー・ミュージック・エンタテインメントに入社。通信販売事業部に所属し、企画から、商品の買い付け・カタログ制作顧客対応まで事業の上流から下流までを一気通貫で経験する。

1998年に、大学院を卒業した貝畑政徳、アメリカを放浪していた久場智喜とともに合資会社カヤックを設立。24歳で代表取締役に就任する。

「サイコロ給」や「旅する支社」などユニークな会社制度を作りながら、Webサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲームを制作する。2009年には、明和電機と共同で「貧乏ゆすり」を科学したプロダクト「YUREX」の開発、プロデュースに携わる[2]

100以上のクリエイティブディレクターをつとめる傍ら、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(2012年)、東京インタラクティブ・アド・アワード(2010年)、Yahoo!インターネットクリエイティブアワード(2009~2015年)などの広告賞で審査員に。鎌倉を拠点とする地域活動のためのNPO法人カマコンでは理事を務める[3]

2014年12月東証マザーズ上場を果たす。2015年に株式会社TOWの社外取締役、2016年に株式会社クックパッドの社外取締役に就任。

受賞歴編集

  • 第8回東京インタラクティブ・アド・アワード インタラクティブ広告部門 銅賞[4]
  • 第8回東京インタラクティブ・アド・アワード ウェブサイト部門「コーポレートサイト銅賞」[5]
  • 第31回 2010 日本 BtoB 広告賞 金賞[6]
  • 第13回文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」
  • 第4回JWDA WEBデザインアワード 奨励賞

審査員歴編集

  • 2018年 ビジネス書大賞2018
  • 2016年 Startup Weekend YOKOHAMA
  • 2014年 Startup Weekend TOKYO
  • 2012年 カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル
  • 2012~2013年 ワークショップコレクション「キッズワークショップ」
  • 2010年 東京インタラクティブ・アド・アワード
  • 2009~2015年 Yahoo!インターネットクリエイティブアワード[3]

著書編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集