柴田 勝太郎(しばた かつたろう、1889年明治22年)2月3日 - 1975年昭和50年)11月10日)は、日本化学技術者実業家。東洋高圧工業(現三井化学)社長や、有機合成化学協会会長、安全工学協会会長等を歴任した。

人物・経歴編集

兵庫県朝来市山東町大月生まれ。1915年東北帝国大学理科大学化学科卒業。尿素肥料製造法の開発を行い[1][2]、1945年からは東洋高圧工業社長を務め[3]、日本初の試みとなった肥料用尿素の本格的合成にあたった[4]。1955年有機合成化学協会会長[5]。1961年安全工学協会会長[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「クロード式窒素工業の歴史⑦」鈴木商店記念館
  2. ^ 柴田勝太郎【しばたかつたろう】公益財団法人たんしん地域振興基金
  3. ^ 三井東圧化学(株)『三井東圧化学社史』(1994.03)渋沢社史データベース
  4. ^ 「窒素肥料と三井研究室」肥料化学第22号
  5. ^ 歴代会長有機合成化学協会
  6. ^ 安全工学会のあゆみ沿革安全工学会


先代:
久村種樹
東洋高圧工業社長
1945年 - 1947年
次代:
石毛郁治
先代:
牧鋭夫
有機合成化学協会会長
1955年 - 1956年
次代:
林茂助
先代:
新設
安全工学協会会長
1961年 - 1967年
次代:
玉置明善