柴 裕之(しばひろゆき)は日本歴史学者。日本の中世末、特に戦国時代の政治・軍事史を専門とする。

経歴 編集

1999年 東洋大学 文学研究科 日本史学専攻修士課程 終了[1]

2002年 東洋大学 文学研究科 日本史学専攻博士後期課程 終了[1]

2005年4月 -(財)千葉県史料研究財団 嘱託 (2009年3月まで)[1]

2007年4月 - 東洋大学 文学部史学科 非常勤講師[1]

2014年4月 - 早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校 講師[1]

2015年9月 - 愛知大学文学部人文社会学科 非常勤講師(集中講義)[1]

2017年7月 - 木更津市史 中世部会委員[1]

2020年4月 - 千葉県文書館県史・古文書課会計年度任用職員[1]

著書 編集

  • 『青年家康 松平元康の実像』KADOKAWA、2022年9月14日。ISBN 978-4-04-703711-3 
  • 『徳川家康』平凡社、2020年3月20日。ISBN 978-4-256-98220-4 
  • 『清須会議 秀吉天下取りへの調略戦』戎光祥出版、2018年9月27日。ISBN 978-4-86403-301-5 

論文 編集

脚注・参考文献 編集

  1. ^ a b c d e f g h 柴 裕之 (Hiroyuki Shiba) - マイポータル - researchmap”. researchmap.jp. 2023年6月20日閲覧。