メインメニューを開く

栄淑帝姫(えいしゅくていき、? - 1110年)は、北宋徽宗の第11皇女。

経歴編集

貴妃鄭氏(後の顕粛皇后)の四女として生まれた。大観元年(1107年)5月、栄慶公主の位を授けられた。大観2年(1108年)2月、懿福公主の位を改授された。

大観4年(1110年)11月、懿福公主は夭折した。蔡国公主の位を追贈された。政和4年(1114年)12月、栄淑帝姫の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 『宋会要輯稿』