栗林江麻

日本のクリケット選手

栗林 江麻(くりばやし えま、女性、1983年10月6日 - )は、日本クリケット選手。

獲得メダル
日本の旗 日本
女子 クリケット
アジア競技大会
2010 クリケット

来歴編集

東京都練馬区出身。幼年時からスポーツ万能で小学校在学中はサッカーとバスケットボール。中学ではソフトテニス。高校時代(埼玉県星野女子高校)はソフトボール部で活動した[1]早稲田大学在学中にクリケットを始め[2]、すぐに日本代表メンバーに登録された[1]

クリケット女子日本代表のキャプテンを務め、ニュージーランドや3度のオーストラリアへの留学経験を持つ[3]。クリケットは2010年のアジア競技大会で正式種目に採用され、主将としてチームを3位入賞に導いた[1]

「オリンピックに出場したい」として、ロンドンオリンピックから正式種目となった女子ボクシングにも挑戦した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 朝日新聞 2014年7月19日夕刊4版 9面
  2. ^ リポビタンDプレゼンツ スポーツリアルトーク AMラジオ 1242 ニッポン放送2010年10月11日~10月15日オンエア
  3. ^ WE SUPPORT JAPAN WOMEN'S CRICKET - INSIDE ADORE 2006年9月6日(2007年12月23日時点のアーカイブ

外部リンク編集