根津 啓吉(ねづ けいきち、1874年明治7年)2月15日 - 1954年昭和29年)12月4日)は、山梨県出身の貴族院議員。

略歴編集

山梨県巨摩郡築地新居村(現・中巨摩郡昭和町)で、父宇兵衛(思温)、母とよの間に四男として生まれる。1893年(明治26年)に京都同志社ハリス理科学校(現・同志社大学理工学部)を卒業し茨城県立水戸中学校(現・茨城県立水戸第一高等学校)、同下妻中学校(現・茨城県立下妻第一高等学校)で教職に就いた後、1903年(明治36年)2月に山梨県東山梨郡平等村の根津一秀[1]の長女「たか」と結婚し婿養子となった。1905年(明治38年)9月に家督を相続し、1907年(明治40年)7月から1913年(大正2年)7月まで平等村会議員、1907年(明治40年)10月から1911年(明治44年)10月まで山梨県会議員、1921年(大正10年)には多額納税者の互選により貴族院議員に当選し1923年(大正12年)9月14日[2]まで務めている。

実業面においては、大日本麦酒東武鉄道、関東瓦斯、有信銀行[3]の各取締役、笛吹水力電気株式会社の監査役を務めている。

根津嘉一郎の実家にあたる根津啓吉邸(山梨市正徳寺296)は、平成15年11月に土地及び建物[4]が遺族から山梨市に寄付され、現在は平成20年10月11日開館した根津記念館として公開されている。

親族編集

脚注編集

  1. ^ 根津嘉一郎 (初代)の兄
  2. ^ 『官報』号外第16号、大正12年9月15日。
  3. ^ 1895年(明治28年)7月17日に甲府市三日町で営業を開始した有信貯金銀行が1907年(明治40年)4月に有信銀行と行名変更、1941年(昭和16年)12月1日に第十銀行と合併して山梨中央銀行となる。
  4. ^ 寄附された建物の内、旧主屋、土蔵及び長屋門は平成19年12月15日に国の登録有形文化財に登録されている。

参考文献編集

  • 『山梨百科事典 創刊120周年記念版』山梨日日新聞編 平成4年刊
  • 『広報 やまなし』山梨市発行 平成20年10月号