桃井斉

日本の鉱物学者

桃井 齊(ももい ひとし、1930年1月20日 - 2002年2月26日)は、日本地球科学者。専門は鉱物学鉱床学東京都生まれ。

経歴編集

旧制第五高等学校を経て、1953年九州大学理学部地質学科を卒業。1956年九州大学理学部助手、1968年同助教授。1976年愛媛大学理学部教授に転任。1987年から1995年まで同大学評議員。1995年定年退官。1962年、九州大学より理学博士の学位を取得。論文表題は「Contact metamorphism of manganese ore deposits in Japan with special reference to rhodonite.」[1]

研究業績編集

学部から大学院にかけて冨田達の指導を受け、花崗岩および黒色頁岩中のラジウム含有量に関する研究を行った[2]。1956年から吉村豊文のもとで、マンガン珪酸塩鉱物(イネス石ダンネモル石パイロクスマンガン石バナジウム柘榴石ばら輝石など)の鉱物化学的研究に従事した[3]。1970年代になってマンガン珪酸塩鉱物の熱水合成実験を開始し、とくにブラウン鉱マンガン団塊の生成条件に関する顕著な成果を発表した[4]。その間、鹿児島宮崎県内の層状マンガン鉱床の調査を行い、次第に層状マンガン鉱床の地質学的研究へと進展した[5]。また没後の2010年に、愛媛県鞍瀬鉱山で発見された新鉱物ヴァナジウムを含むマンガン柘榴石)は、桃井の鉱物学上の業績を顕彰するため、桃井柘榴石(Momoiite)と命名された[6]

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌情報
  2. ^ 第三紀花崗岩類のRa含有量。岩石鉱物鉱床学会誌、42巻、302-308頁、1958年。
  3. ^ Mineralogical study of rhodonites in Japan, with special reference to contact metamorphism. Mem. Faculty of Sci., Kyushu Univ., Geology, vol. 15, 39-63, 1964. など。
  4. ^ マンガン珪酸塩鉱物の熱水合成鉱物共生。岩石鉱物鉱床学雑誌、特別1号、133-142頁, 1976年。など。
  5. ^ 層状マンガン鉱床の地質学的諸問題。地質学雑誌、97巻、759-770頁,1991年。など。
  6. ^ Tanaka, H., Endo, S., Minakawa, T., Enami, M., Nishio-Hamane, D., Miura, H. and Hagiwara, A. (2010): Momoiite, (Mn2+,Ca)3(V3+,Al)2Si3O12, a new manganese vanadium garnet from Japan. Jour. Mineral. Petrol. Sci., 105, 92-96.

参考文献編集

  • 桃井 齊「晴れのち曇り」、桃井 齊教授退官記念事業会発行、339頁、青葉図書、1995年。

主な編著書編集

  • 愛媛県地質図(20万分の1)および同説明書、鹿島愛彦・高橋治郎との共著、1991年。

外部リンク編集