森實(森実、もり みのる、1932年1月1日[1] - )は、日本会計学者、香川大学神戸大学名誉教授。

経歴編集

香川県高松市生まれ。高松第一高等学校を経て1955年に香川大学経済学部を卒業。1957年、神戸大学大学院経営学研究科博士課程を満期退学する。同年、香川大学経済学部助手に就任。講師(1958年)、助教授(1960年)を経て、1967年に教授に昇進した。

1971年、「近代監査思考の展開に関する研究」で経営学博士号を取得。

1985年に香川大学名誉教授となり、同年神戸大学経営学部教授に転任。1995年に定年退官し、神戸大学名誉教授となる。同年より大阪学院大学教授。

賞歴編集

1976年:日経・経済図書文化賞受賞(『監査論研究』)[2]

著書編集

  • 『近代監査の理論と制度』中央経済社 1967
  • 『会計士監査論』白桃書房 1970
  • 『現代監査の構造と発展』中央経済社 1974
  • 『監査論研究』白桃書房 1976
  • 『監査要論』中央経済社 1978
  • 『体系監査論演習』税務経理協会 1979
  • 『現代監査論』白桃書房 1989
  • 『リスク指向監査論』税務経理協会 1992
  • 『分析的手続監査論』中央経済社 1994
  • 『会計士二次試験短答式監査論 新出題傾向』税務経理協会 1995
  • 『内部統制の基本問題』白桃書房 2000

共編著編集

  • 『コンピュータ監査の実際 わが国の現状と将来』大矢知浩司共著 白桃書房 1974
  • 『基本会計学』編著 税務経理協会 1991
  • 『システム監査の基本』森靖之共著 白桃書房 1998
  • 『基本からわかる財務諸表情報』井原理代,内藤文雄共編著 税務経理協会 2001

翻訳編集

  • D.N.コラファス『R&D管理』産業能率短期大学出版部 1972

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 森實博士略歴「国民経済雑誌」