メインメニューを開く

楯岡氏(たておかし)は、清和源氏足利氏斯波氏の分族である戦国大名最上氏の一門の氏族。

楯岡氏
家紋
五三の桐
本姓 清和源氏最上氏流
家祖 楯岡満国
最上満直の四男)
種別 武家
出身地 出羽国
主な根拠地 出羽国
凡例 / Category:日本の氏族

目次

概要編集

最上氏は出羽国内各地に分族を配置した。楯岡氏もその一つである。楯岡城に配置された最上満直の四男満国を祖とする。戦国時代には多くの最上氏一門が離反する中で、楯岡氏も一時、庶流の長瀞氏とともに最上八楯に加入する。天正5年(1577年)、最上義光が八楯の盟主・天童氏を攻撃すると、楯岡満英も天童側につき、宗家に対して明確に反旗を翻した。しかし、天正8年(1580年)、義光が再び天童頼久を攻撃すると、天童側は寝返りが相次ぎ敗北。満英は自害した。家督は一族の楯岡満茂が相続、その後は常に最上氏に追従し、満茂は最上義光の片腕として活躍。各地で武勲を挙げ、慶長出羽合戦後は本荘城45000石を与えられ、本荘氏を名乗った。しかし後に最上氏は改易され、楯岡氏は出羽の地から姿を消すことになった。

歴代当主・一族編集

また、楯岡姓を名乗る武将に、楯岡光直がいる。

関連項目編集

外部リンク編集