メインメニューを開く
キョクシン大山カラテ
観空マーク

極真大山空手 極真会大山道場(きょくしんおおやまからて きょくしんかいおおやまどうじょう)は、大山倍達によって開設された極真会館・関西本部(当時)を一旦解散し、後援者の協力により再生させた空手道場

設立趣旨編集

1994年(平成6年)4月に極真会館総裁・大山倍達が逝去された後の分裂騒動の中で、大山総裁が作り上げた極真空手を何とか原形のままで残そうと、長女である大山留壹琴(おおやまるいこ)[1]が、1995年(平成7年)9月に設立。

概要編集

1994年4月26日、父大山倍達が死去した夜から「乗っ取り」が起きました(→極真会館#分裂騒動)。

その後、本部道場には「乗っ取り派」におくりこまれた松井章圭氏が、遺族による再三の立ち退き要求等も無視して居座り、空手の指導内容を自分の形に変更してしまいました。

その結果、大山倍達の空手を正確に伝える道場がないという事態となってしまったのです。

私どもは考えた末に意を決して、大阪の地に大山倍達の空手を伝える道場を開きました。

この「キョクシン大山カラテ」の由来は、1978年(昭和53年)10月4日、大阪市福島区福島1丁目に極真会館関西本部(本部直轄大阪道場)が近畿地区唯一の極真会館の道場として、 また、大山倍達の国内2つ目の道場(1つ目は東京池袋の本部道場)として開設されて以来、道場ポスターその他のキャッチフレーズとして使ってきたものです(雑誌『キョクシン大山カラテ』創刊号より抜粋)。

運営・指導編集

  • 館長・大山留壹琴(故人)
  • 師範・津浦伸彦
  • 師範代・滝本将生

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集