横山進一 (写真家)

横山 進一(よこやま しんいち、1947年 - )は、日本の写真家ストラディヴァリ研究家。

人物編集

日本およびアメリカで写真家として活躍。1974年に日本国内のストラディヴァリウス「テオンヴィーユ」を撮影したことをきっかけに、スミソニアン博物館、アメリカ国会図書館所蔵のものなど世界で600本あまりあるストラディヴァリのヴァイオリンのうち100本以上を撮影。 みずからもヴァイオリン製作を手がける。

著作編集

  • 『Antonio Stradivari in Japan』(学研、1984年)
  • 『The stringed instrument collection in the Library of Congress』(学研、1986年)
  • 『The classic bowed stringed instruments from the Smithsonian Institution』(学研、1986年)
  • 『the decorated instruments of antonio stradivari』(2002年)
  • 『ストラディヴァリウス』(アスキー新書、2008年)

脚注編集