横川文雄

ドイツ文学者、翻訳家

横川 文雄(よこかわ ふみお、1918年10月11日 - 2000年4月13日[1])は、ドイツ文学者翻訳家上智大学名誉教授。専門はドイツ・ロマン派、特にアイヒェンドルフ

生涯編集

東京市本郷区(現文京区湯島天神生まれ。1940年東京外国語学校ドイツ語科卒、1942年上智大学文学部独文科卒、駐日ドイツ大使館勤務、44-45年ジャワスラバヤに勤務。45年上智大学カトリック辞典編纂室勤務、50年同図書館副館長、53年同外国語学部講師、62年助教授、66年教授、68-69年学部長、79年定年、名誉教授[2]ワンダーフォーゲル部長でもあり[3]登山の本を数多く翻訳した。

翻訳編集

  • アイヒェンドルフ『幻のヴィーナス』中央出版社 1952
  • H.シェッファー『Uボート977 独逸潜水艦長の手記』日本出版協同 1954
    • 『U-ボート977』朝日ソノラマ 航空戦史シリーズ 1984 のち学研M文庫
  • カール・M.ヘルリヒコッファー編『ナンガ・パルバット』朋文堂 1954
  • ヘルマン・ブール『八千米の上と下』朋文堂 エーデルワイス叢書 1955
  • トニー・ザイラー『オリンピック金メダルへの道』朋文堂 1956
  • デイレンフルト『カンチェンジュンガ登頂』朋文堂 エーデルワイス叢書 1956
  • G.O.デイレンフルト『第三の極地』諏訪多栄蔵共訳 朋文堂 エーデルワイス叢書 1956
  • ヘルベルト・ティッチー『チョー・オユー登頂』朋文堂 エーデルワイス叢書 1957
  • アルバート・エグラー『雲表に聳ゆる峯々』朋文堂 エーデルワイス叢書 1958
  • ハインリッヒ・クリーア『大岩壁』三笠書房 1958
  • クレメンス・フッター『ウェーデルン オーストリアのスキー』朋文堂 1959
  • トニー・ザイラー『雪に憑かれた男 ザイラー自伝』朋文堂 1959
  • ハインリヒ・ハラー『白い蜘蛛 アイガーの北壁』白水社 1960
  • マルクス・シュムック『ブロード・ピーク八〇四七メートル』世界山岳全集 第7 朋文堂 1960
  • ヘンリー・ヘーク『登山靴とスキー』朋文堂 1960
  • マックス・アイゼリンダウラギリ登頂』ベースボール・マガジン社 1963
  • トニー・ヒーベラー『冬のアイガー北壁初登攀』ベースボール・マガジン社 1964
  • ヘディン中央アジア探検紀行全集 第1-2 アジアの砂漠を越えて』白水社 1964
  • ヒーベラー『マッターホルンの暗い壁』世界山岳名著全集 第8 あかね書房 1966
  • リオネル・テレイ『無償の征服者』大森久雄共訳 二見書房 1966
  • ヨルク・レーネ, ペーター・ハーク共著『アイガー』二見書房 1969
  • パウル・バウアーナンガ・パルバート登攀史』ヒマラヤ名著全集 8 あかね書房 1969
  • アンドレア・オッジョーニ『わが触れし岩膚 若きアルピニストの手記』白水社 1969
  • ワルテル・ボナッティ『大いなる山の日々』白水社 1974
  • ラインホルト・メスナー『第7級 極限の登攀 技術=トレーニング=体験』山と溪谷社 1974
  • ヘルマン・フーバー『現代登山技術』山と溪谷社 1977
  • ラインホルト・メスナー『大岩壁 その歴史・ルート・体験』山と溪谷社 1978
  • ラインホルト・メスナー『挑戦 二人で8000メートル峰へ』山と溪谷社 1978
  • ラインホルト・メスナー『エヴェレスト 極点への遠征』山と溪谷社 1979
  • ラインホルト・メスナー『冒険への出発 五大陸の山々で』山と溪谷社 1979
  • ラインホルト・メスナー『ナンガ・パルバート単独行』山と溪谷社 1981 のち文庫
  • ラインホルト・メスナー『チョモランマ単独行』山と溪谷社 1985
  • ラインホルト・メスナー『生きた、還った 8000m峰14座完登』東京新聞出版局 1987
  • スイス山岳研究財団編『マウンテン・ワールド 第4巻 1949』小学館 1989

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 横川文雄教授略歴:上智大学
  3. ^ 横川文雄教授の還暦を祝って:上智大学