メインメニューを開く

横浜インターナショナルスクール (Yokohama International School, YIS) は、神奈川県横浜市中区にあるインターナショナルスクール

横浜インターナショナルスクール
Yokohama International School.JPG
国公私立の別 私立学校
設立年月日 1924年9月
共学・別学 男女共学
所在地 231-0862
神奈川県横浜市中区山手町258番地
北緯35度26分21.4秒 東経139度39分10.2秒 / 北緯35.439278度 東経139.652833度 / 35.439278; 139.652833座標: 北緯35度26分21.4秒 東経139度39分10.2秒 / 北緯35.439278度 東経139.652833度 / 35.439278; 139.652833
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
学校のエンブレム

目次

概要編集

横浜インターナショナルスクールは独立した共学の学校で、横浜の国際ビジネスコミュニティーにより1924年に設立。現在では50ヶ国から集まった700名の生徒がプリスクールから第12学年(年少から高校3年生)に在籍している。また、横浜インターナショナルスクールは世界で二番目に『インターナショナル』と称した学校でもある。横浜市中区山手町の中心に所在しており 港の見える丘公園岩崎記念館ベーリック・ホールなど多くの文化施設に囲まれている。英語教育が主体だが第二外国語として日本語、フランス語、スペイン語を学ぶことも可能。

卒業生の多くはアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、日本や母国の大学へと進学する。国際バカロレア高得点を得た生徒はアメリカのアイビー・リーグ(ブラウン大学コロンビア大学コーネル大学ダートマス大学ハーバード大学プリンストン大学ペンシルベニア大学イェール大学)やカナダのU15大学(ブリティッシュコロンビア大学トロント大学マギル大学等)や日本の上智大学国際基督教大学早稲田大学へと進学する。

沿革編集

所在地編集

設置課程編集

IGCSEや国際バカロレアを取得できる幅広いカリキュラムをオファーしていると同時に、SATやAPも受けることができる。

  • Early-Learning (3歳 - 5歳の幼児対象)
  • Elementary (5歳 - 11歳の児童対象)
  • Middle School (11歳 - 14歳の生徒対象)
  • High School (14歳 - 18歳の生徒対象)

施設編集

コンピューターなどの授業は各カリキュラムに組み込まれており、その数は300台以上。小学生高学年から一人一台MacBookが利用されます。その他、集会場、カフェテリア、体育館、ダンス・スタジオ、人工芝生、テクノロジー・センター、図書室/マルチメディア・センター、レコーディング・スタジオ、音楽室、演劇スタジオ、アート・スタジオの他、4つの理科研究室などがある。

その他編集

横浜インターナショナルスクールは New England Association of Schools and Colleges (NEASC) および Council of International Schools (CIS) から正式に認定を受けている学校である。また、国際バカロレアSAT、AP、Cambridge Board Examination (UK) 等からそれぞれの試験会場としても認定されている。

著名な卒業生編集

外部リンク編集