横瀬 貞隆(よこせ さだたか)は、江戸時代中期の高家旗本高家横瀬家表高家)3代当主。官位従四位下侍従駿河守賀茂真淵と交遊関係にあり、和歌などを学んだ。

 
横瀬貞隆
時代 江戸時代中期
生誕 享保3年(1718年
死没 明和元年12月23日1765年1月14日
別名 又次郎、左衛門(通称
官位 従四位下侍従駿河守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 横瀬氏
父母 横瀬貞顕
兄弟 貞隆貞臣、女子
織田長能
貞幹、女子、女子
貞臣
テンプレートを表示

略歴編集

享保3年(1718年)、横瀬貞国の長男として誕生。正室は織田長能娘。

享保15年(1730年)4月1日、8代将軍・徳川吉宗御目見する。享保19年(1734年)5月3日、家督を相続する。宝暦2年12月1日(1753年)、高家職に就き、従五位下・侍従・駿河守に叙任する。後に従四位下に昇進する。明和元年12月23日(1765年)、死去。享年47。

長男・貞幹の早世により、実弟・貞臣が家督を相続した。