横田尚武

横田 尚武(よこた なおたけ、1940年 - )は、日本の篤農家。

長野県飯田市出身。長野県飯田長姫高等学校を卒業後、単身ブラジルに渡り日系農場での農業研修を経て独立、サンパウロ近郊でジャガイモダイズを生産する農場主となる。また、かつてはバイア州において「不毛の大地」と呼ばれてきたセラード地帯の農業開拓に関わる。

かつては東京農業大学などで講演をしたこともある。