メインメニューを開く

横田 成年(よこた せいねん、1875年明治8年)5月10日 - 1953年昭和28年)1月11日)は日本の造船航空工学者東京帝国大学名誉教授

略歴編集

京都府京都市に生まれる。1898年(明治31年)に東京帝国大学工学部造船学科卒業後、ただちに同大学助教授に就任する。1910年(明治43年)に教授に就任し、1918年大正7年)に同大航空研究所の初代所長に就任、同年に工学部航空学科が創設され主任教授となる。1934年(昭和9年)に日本航空学会が創設され、初代会長に就任し、1936年(昭和11年)に同大名誉教授となる。

日本の航空工学の草分け的存在であり、1936年(昭和11年)に退官するまで38年間、同大学にあって弾性力学流体力学弾道学など広い分野にわたる諸問題に、数学的技法を駆使し、多くの研究成果をあげた。

著書編集

  • 『造船学』(大倉書店、1902)
  • 『新撰造船学』(丸善、1920)
  • 『楕円凾数』(克誠堂出版、1950)
  • 『横田成年論文集』(横田成年博士記念事業委員会、1954)

参考編集