メインメニューを開く

歌川 芳升 (うたがわ よします、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

歌川国芳の門人。歌川の画姓を称し一猿斎と号す。天保8年(1837年)刊行の合巻敵鰹差身之業物』(通用亭徳成作)の挿絵を同門の歌川芳宗歌川芳虎とともに描いている。

参考文献編集