メインメニューを開く

武生国際音楽祭

武生国際音楽祭(たけふこくさいおんがくさい、英語表記:The Takefu International Music Festival)は、福井県越前市(旧・武生市)で行われる、武生国際音楽祭推進会議財団法人越前市文化振興・施設管理事業団が主催する音楽祭である。2001年より音楽監督を細川俊夫が務め、プログラム構成などその全般を任されている。

概要編集

一流の演奏家を招致している。プログラムに並ぶのは現代曲、伝統音楽、クラシックと幅広い(古楽だけが対象外である)。日本の現代音楽も取り上げられており、現代の日本人作曲家を招いて日本楽器を用いた演奏も行われている。期間の半分近くはワークショップコンサートとしてワークショップ参加者の新曲が初演され、邦楽も伝統曲および現代邦楽も含めて取り上げられている。毎年1回は必ず邦楽と現代音楽を同時に取り上げるコンサートが行われる。

メイン会場の越前市文化センターのみならず、周辺の寺院やショッピングセンターなどでも演奏会が行われる。

16回目となった2005年には第一回武生国際夏季アカデミーがあわせて行われ、武生国際作曲ワークショップとあわせて新人教育の場ともなっている。

開催時期が2004年までは6月だったが、2005年からは多くの大学の夏休み期間にあわせる形で8月末~9月に変更された。2010年度は8月から9月に移行した。

関連項目編集

外部リンク編集