武藤 泰明(むとう やすあき、1955年 - )は、早稲田大学スポーツ科学学術院の教授であり、マネジメントスポーツマネジメントを専門としている。

経歴編集

1974年栄光学園高等学校を卒業後、同年に東京大学に入学。1978年東京大学教育学部卒業、1980年東京大学大学院教育学研究科の修士課程を修了し、同年に株式会社三菱総合研究所に入社する。

2006年3月に同社を退職(退職当時は主席研究員であった)し、同年4月に早稲田大学教授となり、現在に至る。独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構特別顧問、日本プロサッカーリーグ (法人)理事なども務める。

単独著作編集

  • 『スポーツファイナンス』大修館書店、2008年
  • 『持株会社経営の実際(改訂2版)』日本経済新聞出版社、2007年
  • 『マネジメントの最新知識』PHP研究所、2007年
  • 『人手不足時代の人事戦略』日本能率協会マネジメントセンター、2006年
  • 『プロスポーツクラブのマネジメント』東洋経済新報社、2006年
  • 『ファンド資本主義とは何か-投資の論理と企業社会への衝撃』東洋経済新報社、2005年
  • 『持株会社経営の実際』日本経済新聞社、2003年
  • 『ほんとうにわかる経営戦略』PHP研究所、2003年
  • 『経営の基本(改訂新版)』日本経済新聞社、2002年
  • 『グループ経営7つの新常識』中央経済社、2002年
  • 『NPOの一歩進んだ経営』中央経済社、2002年
  • 『ぜったいわかる!経営のしくみ』PHP研究所、2001年
  • 『Q&A経営100の常識』日本経済新聞社、2001年
  • 『ITマネジメント戦略』PHP研究所、2000年
  • 『これからの経営』PHP研究所、2000年
  • 『持ち株会社のすべて』日本経済新聞社、1997年
  • 『最適の企業形態』中経出版、1996年
  • 『他社に勝つ人事』中経出版、1996年
  • 『経営の基本』日本経済新聞社、1994年
  • 『新・管理職論』中経出版、1993年
  • 『中高年大量起用の発想』中経出版、1991年

編著・監修編集

  • 『経営用語辞典』日本経済新聞社、2006年
  • 『アウトソーシング実践ノウハウ集』日本能率協会、2000年

共著編集

  • 『スポーツ産業論(第4版)』杏林書院、2007年〈原田宗彦(編)、武藤泰明、他〉
  • 『スポーツ白書』笹川スポーツ財団、2006年〈武藤泰明、原田宗彦、間野義之、他〉
  • 『恐慌前夜』東洋経済新報社、2003年〈高橋乗宣、武藤泰明〉
  • 『勝ち組企業の選択力』PHP研究所、2003年〈佐藤公久、武藤泰明、他〉
  • 『オープン・リソーセス経営』経済界、2000年〈牧野 昇、武藤泰明〉
  • 『新・雇用革命』経済界、1999年〈牧野 昇、武藤泰明〉
  • 『サプライチェーン・マネジメント革命』経済界、1999年〈牧野 昇、武藤泰明、ほか〉
  • 『ファイナンシャル・プランナーの基礎知識』ダイヤモンド社、1999年〈牧野 昇、武藤泰明〉
  • 『加速的に成長する4大市場を読む』中経出版、1998年〈武藤泰明、ほか〉
  • 『アウトソーシング経営革命』経済界、1998年〈牧野 昇、武藤泰明、ほか〉
  • 『持株会社の法律実務』新日本法規出版、1998年〈伊従 寛、武藤泰明、ほか〉
  • 『持株会社の原理と経営戦略』ダイヤモンド社、1996年〈ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス編、宮内義彦、米倉誠一郎、武藤泰明、ほか〉
  • 『キャリア創造大転換』ダイヤモンド社、1995年〈ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス編、花田光世、武藤泰明、高橋俊介、石倉洋子、ほか〉
  • 『日本の人口問題』日本経済新聞社、1992年〈木村文勝、武藤泰明 〉
  • 『日本経済がつまずく時』PHP研究所、1990年〈佐藤公久、木村文勝、武藤泰明〉