武装権(ぶそうけん)とは、銃器を始めとした武器武装する権利のこと。

アメリカ合衆国憲法修正条項第2条(大礒正美氏による意訳)  アメリカ合衆国連邦政府に対する潜在的抵抗権(自由権)を確保する必要から、正当に組織された義勇軍は禁止されてはならず、 (したがって)義勇兵となるべき邦(州)民が、自己の武器を保有し携帯する権利もまた、連邦政府によって侵害されてはならない。

規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、市民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。 — アメリカ合衆国憲法修正条項第2条

この条項が根拠となり、アメリカ合衆国では広汎な武器の所持が認められ、場合によっては(州によっても差違があるが)携帯も認められる。