残留ロシア人

残留ロシア人(ざんりゅうロシアじん)とは、ロシア(現在のロシア連邦だけでなくロシア帝国ソビエト連邦も含む)の領土縮小に伴い、旧領土に取り残された元ロシア国民ないしはロシア民族のことである。

現在の残留ロシア人は、かつてのソビエト連邦構成共和国でロシア連邦以外の国に居住するロシア民族を指すことが多い。

目次

樺太の残留ロシア人編集

ポーツマス条約によりロシア帝国から大日本帝国に編入された南樺太には、祖国に引き揚げないでそのまま残留し続けた元ロシア国民が少数ながら存在した。

旧ソ連の残留ロシア人編集

ロシア系人口 ロシア系人口の割合 調査年
  ウクライナ 8,334,141 17.2 2001
  カザフスタン 3,644,529 20.61 2016[1]
  ウズベキスタン 1,653,478 8.4 1989[b]
  ベラルーシ 785,084 8.3 2009
  ラトビア 495,528 25.4 2017
  キルギス 369,939 6.4 2014
  モルドバ 369,896 9.4 2004
  エストニア 330,206 25.1 2017
  トルクメニスタン 297,319 6.7 1995[b]
  リトアニア 139,507 4.8 2015
  アゼルバイジャン 119,300 1.35 2009
  ジョージア 67,671 1.5 2002[a]
  タジキスタン 34,838 0.5 2010
  アルメニア 11,862 0.4 2011

関連項目編集

脚注編集