殷淑儀

南宋の孝武帝の側室

殷 淑儀(いん しゅくぎ、? - 462年)は、南朝宋孝武帝淑儀(側室)。は知られていない。

経歴編集

南郡王劉義宣(南朝宋の武帝の六男で、孝武帝の叔父)の娘として生まれた。

454年孝建元年)、劉義宣が敗死すると、殷琰の家人であると称し、姓を殷氏と改めて、孝武帝の後宮に入り、淑儀に立てられた。劉子鸞劉子羽劉子雲・劉子文・劉子師および第12皇女を産んだ(劉子羽・劉子雲・劉子文は夭折した)。462年(大明6年)4月に死去し、貴妃の位を追贈され、は宣といった。孝武帝は殷氏の死を悲しんで、武帝の『李夫人賦』を模して賦を詠んだ。

後に即位した前廃帝劉子業(孝武帝の嫡長子)は、自身の廃太子を画策した殷氏への恨みを忘れず、殷氏の墓を暴き、殷氏の子女をみな殺害した。

伝記資料編集