殺人者はへまをする

殺人者はへまをする [注 1]』(さつじんしゃはへまをする、Murderers Make Mistakes)は、1947年に発表された英国[注 2]の推理作家フリーマン・ウィルス・クロフツ作の推理小説短編集である。全体は二部構成で、第一部「二重の物語」には「倒叙」形式の12短編が収録されている。

殺人者はへまをする
Murderers Make Mistakes
著者 フリーマン・ウィルス・クロフツ
発行日 1947年
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
次作 クロフツ短編集1
(Many a Slip)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

内容編集

フレンチ警視を主人公にした23の短編集。第一部「二重の物語」では、前半で犯人の側からの完全犯罪を描き、後半でフレンチの推理を描く。第二部「単独の物語」では、フレンチの口から、犯罪とその解決が語られる。

主人公編集

収録作品編集

  • 【二重の物語】(Double Stories)
    1. 古い銃 (The Case of the Old Gun)
    2. 絶壁の道 (The Case of the Cliff Path)
    3. かかった電話 (The Case of the Telephone Call)
    4. 下のアパート (The Case of the Lower Flat)
    5. 軍用トラック (The Case of the Army Truck)
    6. 病弱な大佐 (The Case of the Invalid Colonel)
    7. 隠された軽機関銃 (The Case of the Hidden Sten Gun)
    8. 狩猟舞踏会 (The Case of the Hunt Ball)
    9. 貪欲な金貸し (The Case of the Avaricious Moneylender)
    10. 夜の訪問者 (The Case of the Evening Visitor)
    11. 熱心な兎飼い (The Case of the Enthusiastic Rabbit-Breeder)
    12. 酒屋の隠居 (The Case of the Retired Wine Merchant)
  • 【単独の物語】(Single Stories)
    1. 国防市民軍の塹壕 (The Case of the Home Guard Trench)
    2. 劇作家の原稿 (The Case of the Playwright's Manuscript)
    3. 石灰岩採石場 (The Case of the Limestone Quarry)
    4. Lの形の部屋 (The Case of the L-Shaped Room)
    5. 盗まれた手榴弾 (The Case of the Stolen Hand Grenade)
    6. 交替信号手 (The Case of the Relief Signalman)
    7. 燃える納屋 (The Case of the Burning Barn)
    8. 弁護士の休日 (The Case of the Solicitors' Holiday)
    9. 旋回した帆桁 (The Case of the Swinging Boom)
    10. 炉辺の登山家 (The Case of the Fireside Mountainer)
    11. 待っていた自動車 (The Case of the Waiting Car)

翻訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『殺人者はミスをする』の邦題もある(HMM誌上の個々の短編連載や二見書房など)
  2. ^ クロフツはアイルランドダブリン生まれだが、英国(北アイルランド)アルスター地方で育つ。

出典編集