メインメニューを開く

母の悲劇(ははのひげき)とは読売テレビが制作し1982年10月28日に放送したテレビドラマ芸術祭参加作品。

概要編集

「37年後の戦争の悲劇」として今なお消えぬ中国残留孤児の思いの深さをテーマにした作品。木曜ゴールデンドラマの枠で放送された。

新藤兼人脚本、松山善三監督の顔合わせはテレビ、映画でも初の作品で、出演陣にも淡島千景かとうかずこ中条静夫のほかに、中国から帰国した演劇経験をもたぬ山口和代を起用した。[1][2][3]

脚注編集

  1. ^ 京都新聞1982年9月16日
  2. ^ 報知新聞1982年9月16日
  3. ^ 日刊スポーツ1982年9月16日

外部リンク編集