比留間 賢八(ひるま けんぱち、慶応3年3月15日1867年4月19日) - 昭和11年(1936年4月15日)は、日本のマンドリンギター奏者、音楽教育家。

生涯編集

江戸麴町で比留間安五郎の四男として生まれる。1883年音楽取調掛伝習生となりチェロを専攻する。1887年音楽取調掛を卒業後、アメリカニューヨークに留学。1889年にはヨーロッパに渡り、1891年に帰国。このときにはじめて日本にハーモニカツィターを持ち帰っている。1898年に再び渡欧し、ドイツイタリアマンドリンクラシックギターと出会う。1901年にマンドリンとギターを持ち帰って帰国し、マンドリン・ギター教室を開いている。以後その普及に尽力し、日本のマンドリン音楽・クラシックギター音楽の源流となった。その門下には音楽家の齋藤秀雄、華族の徳川義親武井守成土方与志、作家の里見弴、詩人の萩原朔太郎、画家の藤田嗣治、陶芸家の富本憲吉東京室内歌劇場創立メンバーの杉田村雄がいる。また娘の比留間きぬ子もマンドリン奏者として活躍した。

著書編集

文献編集

  • 飯島國男『比留間賢八の生涯 - 明治西洋音楽揺籃時代の隠れたる先駆者』全音楽譜出版社、1989年。ISBN 4118840200NCID BN04414317