メインメニューを開く

毛利 就盈(もうり なりみつ、元文4年(1739年) - 安永5年2月13日1776年4月1日))は、長州藩一門家老である厚狭毛利家の7代当主。

父は徳山藩毛利広豊。養父は毛利元連。正室は毛利元連の娘千代菊。子は毛利就宣室。養子に毛利就宣通称は駿河、遠江守。

生涯編集

元文4年(1739年)、徳山藩主毛利広豊の六男として生まれる。叔母の嫁ぎ先、厚狭毛利家毛利元連の婿養子となり、藩主毛利重就偏諱を受け就盈と名乗る。宝暦11年(1761年)、養父の元連が藩主後継問題で咎めを受け隠居したため、家督を相続する。同年、幕府巡見使を訪れた際に防火責任者となる。宝暦14年(1764年)、朝鮮通信使来朝の際、接待役を務める。明和7年(1770年)、萩留守居役を仰せつかる。明和9年(1772年)に当職(国家老・執政)、同年に江戸当役。

安永5年(1776年)2月13日死去。享年38。家督は養子の就宣が相続した。

参考文献編集

  • 「山陽町史」