メインメニューを開く

毛受 勝照(めんじゅ/めんじゅう[7] かつてる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将柴田勝家の家臣。

 
毛受勝照 (家照)
Menju Katsuteru.jpg
「太平記英勇伝三十四:毛受荘助家照(落合芳幾作)」
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄元年(1558年)8月
死没 天正11年4月21日1583年6月11日
改名 照景→庄助家照→勝助勝照
別名 照景、家照、吉親[1]
通称:庄助・荘助・荘介、勝助・勝介[2]
戒名 榮中院殿繁室永昌居士
墓所 滋賀県長浜市余呉町全長寺、愛知県尾張旭市稲葉町少林寺
主君 柴田勝家
氏族 毛受氏
父母 父:毛受照昌
兄弟 [説1][3]茂左衛門、勝照
[説2][4]勝惟、勝照、吉勝
[説1]照清 [6]
[説2]重之 [4]

は初名を照景、後に家照、勝照と改めた。異説として吉親とするものもある[1]通称は初めは庄助、荘介(荘助)で、後に勝介(勝助)となった[2]

目次

略歴編集

尾張国春日井郡稲葉村の人[8]新居城[9]水野良春の4世孫の毛受照昌の子で、父が稲葉村に移住して開墾し、姓を「毛受」と改めたのが始まりと云う。

12歳の頃より織田氏の家臣・柴田勝家小姓として仕え、後に小姓頭に取り立てられ、1万石を与えられるまでになった[10][8]

17歳の時、天正2年(1574年)の伊勢長島攻めに従軍した。激戦の中、勝家軍の馬印(騎標)が一揆勢に奪われる事態が起きたことがあった。勝家はこれを武門の恥として憤激し、敵中に入って討死しようとしたが、荘介はこれを諌止して、自分で敵陣に突入して見事に馬印を奪還。これを勝家に送り、再び敵中に突入した。勝家は大いに喜び、精兵を派して家照を救った[11]

勝家は荘介に偏諱を与え、自身の名前の一字「勝」の字を与えて、字を勝介に[12]、あるいは諱を勝照と名乗るように申し渡した。または「勝」と「家」の字の両方を与え、勝介家照を名乗らせたとも伝わる。

天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いにおいて柴田軍は羽柴秀吉に敗れて、勝家は斬り込み討死を覚悟したが、勝介はこれを諫めて、退却して籠城するように進言した。自らが代って戦うとして兵200を率いて出陣。秀吉軍が包囲すると、勝家の馬印「金の御幣」を掲げて大軍を惹きつけた。この時、兄・茂左衛門は兄弟で討死しようと言ったが、勝介は生き延びて母を扶養することを頼む。しかし義を好む母に対してそれは却って不孝であると言って、茂左衛門は拒否して、二人で進んだ。勝介は「我は柴田勝家なり」と言い放ち、身代わりになって果敢に応戦。勝家の脱出の時間を稼いで、討死した。享年25[12]

秀吉はこの忠義を激賞して、北ノ庄城の落城後、毛受兄弟の首を母に返した。なお毛受の子孫は尾張徳川家に仕え、明治初期に再び名字を水野に戻したと云う[12]

『太平記長嶋合戦』に描かれた免受家照(歌川芳員作)
毛受兄弟の墓(滋賀県長浜市余呉町)


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 明智軍記』など幾つかの史料で「吉親」とされているものがある。
  2. ^ a b 史料によって、同音の漢字が置き換えられることはしばしばみられることで、同じ名前をさす。
  3. ^ 『豊鑑』『太閤記』『東春日井郡』などによる。
  4. ^ a b 『尾張群書系図部集』による。
  5. ^ 子孫として、照清、吉兵衛、喜左衛門、喜三郎、四郎左衛門等としているので、吉兵衛以下は孫より先の代か。
  6. ^ 東春日井郡 1923, p.1166[5]
  7. ^ 毛受の姓の読み方は「めんじゅ」「めんじゅう」または「めんじょ」「めんじょう」など。『佐久間軍記』では「免受」の漢字が当てられている。
  8. ^ a b 岡田 & 野口 1880
  9. ^ 在・愛知県尾張旭市城山町長池下。
  10. ^ 東春日井郡 1923, p.1165
  11. ^ 東春日井郡 1923, pp.1165-1166
  12. ^ a b c 東春日井郡 1923, p.1166

参考文献編集

外部リンク編集