毛抜形刀(けぬきがたとう)は、平安時代前期に蝦夷俘囚)が用いた刀である。

太刀の原型となった刀編集

毛抜形刀は、毛抜形蕨手刀蕨手刀の改良刀)と毛抜形太刀日本刀の原型)の中間に位置する刀と言えるもので、9世紀末の東北蝦夷が開発したものだが、この刀を内国の武人・武官が参考にして、毛抜形太刀へと発展させることとなる(刀の長大化=太刀への発展は騎馬戦が盛んになった坂東の要望に合わせて作られたものとみられる)。出土例は北海道秋田県に一点ずつであり、資料的には少ない。秋田県のものは、元慶2年(878年)の出羽国俘囚の乱で俘囚勢力が用いた刀とみられており、彼らに苦戦した内国武人達は、これをきっかけとして、俘囚の戦術・武器を参考にしたものと考えられる。

それまでこの刀の系統の名の由来でもあり、200年近くにわたって柄頭の装飾だった蕨形の飾りが廃され、方形となった(そのため、名称から蕨手の二字が抜ける)。また、刀身の長さは50センチ程度であり、まだ太刀の基準を満たしていないため、毛抜形と呼称される(毛抜形太刀になると70センチほどになる)。

備考編集

  • 柄頭の装飾は、柄から手が滑らない役割も果たしていたが、装飾が廃されたことにより、柄頭で相手を打ちつける動作が可能になった。結果からすれば、その後の武術にも影響を与えた変化と言える。外観より実用性に重きを置く過程とも捉えられる。

参考文献編集

  • 下向井龍彦 『日本の歴史07 武士の成長と院政』 2001年 講談社

関連項目編集