メインメニューを開く

永久債(えいきゅうさい)とは、満期を持たない債券である。永久債は発行体が存続する限り永久に利子を支払うかわりに、買い戻す必要は無い。そのため株主資本と類似するが、あくまで債券であるので負債として扱われる。

16-17世紀のオランダは永久型年金公債を発行していた。発行主体はそれぞれの徴税権をもつ各州議会と連邦議会があった。30-32年の超長期債も出していた。オランダの雑多な永久債が名誉革命イギリスへ伝播してコンソル公債に規格化された。近年では劣後債よりも更に支払い順位の低い債券(永久劣後債)として銀行により発行される。その債券はTier 2資本として計上され、銀行自己資本比率を満たす手段の一つとなっている。銀行の発行するこれらの債券は繰り上げ償還可能(コーラブル債)となっているが、最初の繰り上げ償還期日は5年以上先となっている。