永井 直吉(ながい なおよし)は、江戸時代前期の摂津国高槻藩の世嗣。通称は左門。

 
永井直吉
時代 江戸時代前期
生誕 元和3年(1617年
死没 寛文9年6月26日1669年7月23日
別名 左門(通称
摂津高槻藩世嗣
氏族 永井氏
父母 永井直清高木正次
高木正綱
直時
テンプレートを表示

略歴編集

徳川秀忠の御小姓、御書院番だった永井直清(のち摂津高槻藩主)の嫡男として誕生。母は高木正次の娘。正室は高木正綱の娘。

寛永12年(1635年)に3代将軍・徳川家光に拝謁するが、間もなく廃嫡された。代わって長男・直時が嫡子となり、父直清の家督を継いだ。

寛文9年(1669年)、53歳で没した。