メインメニューを開く

永樂 了全(えいらく りょうぜん、1770年明和7年)-1841年天保12年))は江戸時代後期に活躍した京焼陶芸家千家十職の一つ、土風炉師・善五郎の十代である。九代善五郎の息子。天明の大火により全焼した西村家を立て直して工房を整備し、善五郎の歴史上屈指の名工である保全を養子に迎えて育てるなど、その功績は大きい。また、千家出入りになったのも了全の代からである。 1817年に息子の永樂保全善五郎の名を譲って隠居し、以降は了全と名乗った。隠居後も保全や他の職人と共同で制作を続けた。

作品・作風編集

土風炉は素焼き土器黒漆を重ねがけした伝統的な手法で製作した。一方で、晩年になってから交趾焼瀬戸焼などの写しを歴代の善五郎の中で初めて本格的に行なった。また樂了入(九代・樂吉左衛門)と親交があり、同じ町内に移り住むほど影響を受けた。

略歴編集

参考文献編集

  • 三井記念美術館 編集『永樂の陶磁器:了全・保全・和全:三井記念美術館蔵品図録』三井記念美術館(2006)