沙摩柯(しゃまか、さまか、? - 222年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。異民族の王。

沙摩柯
沙摩柯(三国志演義)
沙摩柯(三国志演義)

胡王
出生 生年不詳
荊州武陵郡
死去 章武2年(222年
荊州宜都郡夷陵
拼音 Shā Mókē
主君 劉備
テンプレートを表示

正史の事跡編集

正史『三国志』では、陸遜伝にしか記述が見られない。蜀漢に味方した中国周辺民族の王[1]章武2年(222年)、劉備に随従し呉討伐に参加している。しかし、陸遜の火攻めのため蜀軍は大敗し、沙摩柯も斬首された(夷陵の戦い)。

物語中の沙摩柯編集

小説『三国志演義』では、「蛮王」として史実同様に呉討伐に参加している。顔は血を注いだように真っ赤で、碧眼を鋭く輝かせ鉄疾黎骨朶[2]を片手に、左右の腰に弓をつけた姿で登場している。猇亭の戦いで、甘寧の頭に矢を射当て、これを死に追いやる活躍を見せる。しかし陸遜の火攻めで蜀軍が大敗すると、ただ一騎で敗走することになる。途中、追撃してきた周泰に出くわし20合余り打ち合うが、討ち取られることになっている。

その他編集

現代では、書籍以外の創作物などにおいて「沙摩可」と表記している著作物も存在している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 陸遜伝では、「胡王」との記載があるのみで、具体的にいかなる民族の出身かは不明。ただし「胡」は、一般的には北方民族を指す。
  2. ^ 鉄か木で作った武器。柄の一方が楕円形をして、鉄の刺を植えてある。立間祥介『三国志演義 下』。

参考文献編集