河内みかん(かわちみかん)は、熊本県熊本市河内町金峰山山麓の西側で多く栽培されているウンシュウミカンである。

歴史編集

1782年天明2年)に河内領主牛島七郎佐衛門橘公基が、それ以前に育てられていた小みかんより優れた温州みかんの栽培を奨励したことが始まりである[1]1934年昭和9年)には河内町内に県立果樹実験場が設置され、生産向上や増殖を目的としてより高度なみかん栽培技術の普及が図られた[1]。 現在は主に4代目が栽培に従事しており、後継者育成も進められている[1]

栽培されている主な地区編集

関連項目編集

  • 河内晩柑 - 河内町に由来するブンタン類の品種。生産地は愛媛県南予地方および熊本県天草地方。
  1. ^ a b c 河内みかんの歴史”. JA熊本市柑橘部会. 2020年5月16日閲覧。