メインメニューを開く

河西 英通(かわにし ひでみち、1953年[1] - )は、おもに東北地方の近代史を専門とする日本歴史学者広島大学大学院文学研究科教授[2]

経歴編集

1976年弘前大学人文学部を卒業し、1979年には立命館大学大学院文学研究科修士課程を修了した[1]。その後、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程に進み、1985年に単位取得満期退学して[1]上越教育大学学校教育学部助手となった[2]1988年に専任講師、1991年に助教授へと昇任した[2]1994年には「近代日本における地域思想の展開過程」により北海道大学から博士(文学)を取得した[3]

2007年広島大学大学院文学研究科教授に転じた[2]2011年にはカリフォルニア大学サンタバーバラ校歴史学部客員教授も務めた[2]

2015年平和安全法制をめぐる法案(いわゆる「安保法案」)が国会に提出された際には、「安保法案に反対する広島大学人有志の会」の発起人として反対運動に関わった[4]

研究編集

五所川原市上越市青森県などの、市史、県史編纂に関わり、兵事(徴兵検査事務)などの観点から東北地方の近現代史を研究している[5]。河西は、「東北」のイメージが、差別的な中央からの視点によって成立したものでありながら[6]、やがて東北人の自己認識に転じること[7]、「戦争遂行のための人的資源の供給地から後進地へ」とイメージが変貌したこと、などを指摘している[8]

おもな著書編集

単著編集

  • 近代日本の地域思想、窓社、1996年
  • 東北 - つくられた異境、中央公論新社中公新書)、2001年
    • 英語訳:(translated by Nanyan Guo and Raquel Hill)Tōhoku : Japan's constructed outland, Brill, 2016
  • 続・東北 - 異境と原境のあいだ、中央公論新社(中公新書)、2007年
  • せめぎあう地域と軍隊:「末端」「周縁」軍都・高田の模索、岩波書店、2010年
  • 「東北」を読む、無明舎出版、2011年

脚注編集

  1. ^ a b c 河西英通”. 吉川弘文館. 2017年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e メンターインタビュー 河西英通教授”. 広島大学大学院リーディングプログラム機構たおやかで平和な共生社会. 2017年10月9日閲覧。
  3. ^ 近代日本における地域思想の展開過程 河西英通”. 国立国会図書館. 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ 清水康志 (2015年7月29日). “広島大教授らも抗議 安保法案「9条違反」”. 朝日新聞・朝刊・広島: p. 31  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 研究者総覧 河西英通”. 広島大学. 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ 宮代栄一 (2015年3月9日). “過去から見つめる被災地 浮かびあがる東北のいま 福島でフォーラム”. 朝日新聞・夕刊: p. 7  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ 正 (2001年5月18日). “りんごの目”. 朝日新聞・青森: p. 30  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  8. ^ 宮代栄一 (2012年9月10日). “「人間中心の復興が大事」 歴史踏まえ東北の「今」議論 東日本大震災”. 朝日新聞・夕刊: p. 9  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク編集