津村 青芽(つむら せいが、生没年不詳)は、明治時代から大正時代にかけての女流日本画家

来歴編集

鏑木清方の門人。兵庫県明石市生まれ。実家は呉服商を営み、兄弟揃って芸術に親しみを持つ家に生まれている。大正2年(1913年)に女子美術大学を卒業し、清方に入門した。郷土会展には第2回から第4回、第7回作品を出品しており、技巧に優れた作品を残しており、努力家であったが、日常生活においても活発な性格で、服装や化粧などについてもほとんど無関心という男性的な面もあったといわれる。

青芽は大正5年(1916年)の第2回郷土会展に「黒い猫」を、大正6年(1917年)の第3回展に「合歓の花咲く頃」、大正7年(1918年)の第4回展に「夕」、大正11年(1922年)の第7回展に「乳」を出品している。

参考文献編集

  • 鏑木清方記念美術館編 『鏑木清方の系譜 ‐師水野年方から清方の弟子たちへ‐』 鏑木清方記念美術館、2008年