メインメニューを開く

浄見寺

浄見寺(じょうけんじ)は、神奈川県茅ヶ崎市堤にある浄土宗寺院江戸時代奉行大岡忠相をはじめとする大岡氏菩提寺として知られる。山号は窓月山。

浄見寺
Jouken-ji.jpg
本堂
所在地 神奈川県茅ヶ崎市堤4317番地
位置 北緯35度21分44.26秒
東経139度24分42.11秒
座標: 北緯35度21分44.26秒 東経139度24分42.11秒
山号 窓月山
院号 源忠院
宗派 浄土宗
創建年 慶長16年(1611年
開山 深誉円察
開基 大岡忠右衛門忠政
正式名 窓月山源忠院淨見寺[1]
文化財 銅造六臂弁才天坐像(県重文)
大岡家一族墓所(市史跡)
地図
浄見寺の位置(神奈川県内)
浄見寺
浄見寺の位置(日本内)
浄見寺
法人番号 5021005001480
テンプレートを表示

目次

歴史編集

江戸時代の奉行大岡越前として知られる大岡忠相を輩出した大岡氏は、相模国高座郡堤村の周辺を統治していた[2]慶長16年(1611年)、大岡家2代目当主大岡忠政が、亡父の初代当主大岡忠勝を慰霊するために建立したのが、浄見寺の始まりである[2]。開山は深誉円察(一説に柴田勝家の子といわれる)。

祭事編集

  • 4月下旬から5月初旬 - 大岡越前祭。5代当主である大岡忠相の功績に対して1912年(大正元年)従四位が贈られ、翌1913年に忠相の墓前で贈位祭が行われ大岡越前祭が始まった。関東大震災や戦争などで中断したが1956年(昭和31年)に復活[3]

文化財編集

 
大岡家の墓所 一番左が大岡忠相の墓
県重要文化財
  • 銅造六臂弁才天坐像 - 像高11cm、銅造で六臂をもつ、室町時代の作と考えられる、1966年(昭和41年)10月25日指定[4][2]
県指定天然記念物
  • オハツキイチョウ - 神奈川県で最初に発見された葉の上に実のなる変種。樹齢は約400年で、大岡忠政が創建時に植えたといわれる。1961年(昭和36年)4月14日指定[5][2]
  • 浄見寺の寺林 - タブノキモチノキスダジイなどの照葉樹が茂る。1967年(昭和42年)7月21日指定[6][2]
茅ヶ崎市市指定指定史跡
  • 大岡家一族13代の墓所 - 初代忠勝から13代までの墓碑58基。19661年(昭和36年)2月14日指定[7][2]

エピソード編集

所在地情報編集

所在地
神奈川県茅ヶ崎市堤4317
交通

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ 浄見寺|寺院を検索する|浄土宗 寺院検索”. 浄土宗. 2019年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 浄見寺について”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 大岡越前祭とは”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 重要文化財「浄見寺の銅造弁才天坐像」”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 天然記念物「浄見寺のオハツキイチョウ」”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 天然記念物「浄見寺の寺林」”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 史跡「浄見寺の大岡家一族墓所」”. 茅ヶ崎市. 2019年2月13日閲覧。

外部リンク編集