浅井政元

日本の戦国武将

浅井 政元(あざい まさもと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将浅井氏の家臣。

 
浅井政元
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年
死没 天正元年9月1日1573年9月26日
官位 玄蕃頭
主君 浅井長政
氏族 浅井氏
父母 父:浅井久政、母:不明
兄弟 長政政元政之岡崎安休治政
阿久姫大弐局京極マリア
テンプレートを表示

来歴編集

浅井久政の次男として誕生。浅井家の財政管理を行っていたという。また、智謀にも優れ、参謀役として兄・長政を補佐した。

天正元年(1573年)、羽柴秀吉を総大将とする織田軍の小谷城攻め(小谷城の戦い)で、落城寸前まで戦い抜き自害した。享年26。