浮世の常

アメリカのサイレント映画

浮世の常』(うきよのつね、We Can't Have Everything)は、サイレント1918年に制作されたアメリカ合衆国ドラマ映画で、ルパート・ヒューズ英語版の同名の小説を原作としてウィリアム・C・デミルが脚本を書き、セシル・B・デミルが制作と監督を務めた[1]。本作は、失われて現存していないと考えられている[1][2][3][4]

浮世の常
We Can't Have Everything
We Can't Have Everything - glass slide - 1918.jpg
セシル・B・デミル監督の姿が写された宣伝用のガラス・スライド。
監督 セシル・B・デミル
脚本 ウィリアム・C・デミル
製作 セシル・B・デミル
出演者 キャスリン・ウィリアムズ
撮影 アルヴィン・ワイコフ英語版
編集 アン・ボーチェンズ
セシル・B・デミル
製作会社 フェイマス・プレイヤーズ=ラスキー英語版
配給 パラマウント映画
公開
  • 1918年7月7日 (1918-07-07)
上映時間 60 分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語インタータイトル
テンプレートを表示

あらすじ編集

以下は、映画雑誌『Exhibitors Herald』のレビューによる[5]

夫を深く愛していたチャリティ・コウ・チーヴァー(ウィリアムズ)は、夫が人気あるダンサーのザーダ・レトワール(ブリーマー)を愛していることを知り、離婚する。幼い頃からチャリティを慕っていたジム・ダイクマン(デクスター)は、チャリティには手が届かないと悟り、映画女優ケジー・スロップ(ホーリー)と結婚する。ジムが自由な身だったときには、チャリティはそうではなかった。ジムは落胆するが、二人は互いに最善を尽くそうとする。あるとき、ジムが不在の間に、ケジーは若いイギリス人の空軍士官ストラスディーン侯爵(ハットン)と出会い、恋に落ちる。ある晩、一緒に出かけた事務とチャリティは、嵐に遭ってロードハウス英語版で一夜を過ごすこととなる。ケジーは、これを機に離婚を申し立て、イギリス人飛行士と再婚する。やがて戦争が始まり、ジムはヨーロッパ戦線の塹壕へ赴き、チャリティは病院に入るが、二人は再会し、最後には愛が勝つ。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b Progressive Silent Film List: We Can't Have Everything”. silentera.com. 2008年6月21日閲覧。
  2. ^ Louvish, Simon (2008). Cecil B. DeMille: A Life in Art. Macmillan. p. 161. ISBN 978-0-312-37733-5. https://archive.org/details/cecilbdemillelif00louv/page/161 
  3. ^ Birchard, Robert S. (2009). “We Can't Have Everything”. Cecil B. DeMille's Hollywood. University Press of Kentucky. ISBN 978-0-8131-2324-0. https://books.google.com/books?id=h8I1dEf7GqIC 
  4. ^ The Library of Congress/FIAF American Silent Feature Film Survival Catalog:..We Can't Have Everything
  5. ^ “Reviews: We Can't Have Everything. Exhibitors Herald (New York City: Exhibitors Herald Company) 7 (6): 52. (August 10, 1918). https://archive.org/details/exhibitorsherald07exhi. :『Exhibitors Herald』は、『Motion Picture Herald』の前身。

外部リンク編集